Now Loading...

CONSULTING経営コンサルティング

お客さまの発展のため、経営改善計画の策定と業績管理の仕組み作りを
サポートします。

計画Plan
  • 中期経営計画の策定
  • 単年度予算の作成
  • 短期経営計画の策定
実行Do
  • 計画に沿った経営活動
検証Check
  • 日々の業務積管理
  • 会計事務所による毎月訪問
対策Action
  • 目標達成に向けた打ち手の実行
計画Plan
  • 中期経営計画の策定
  • 単年度予算の作成
  • 短期経営計画の策定
実行Do
  • 計画に沿った経営活動
検証Check
  • 会計事務所による毎月訪問
対策Action
  • 目標達成に向けた打ち手に実行

黒字決算を実現するためには、上記のPDCAサイクルを用いた業績管理の仕組みを、
日々の会計業務に組み込むことが重要です。
私たちは、毎月の訪問によってお客さまと対話しながら、業績管理の仕組み作りをサポートいたします。

「中期経営計画」の策定

お客さまの“将来に対するビジョン”を明確に

「中期経営計画」では、まず過去3期の確認と同業他社との比較分析から、お客さまの強みと弱みを明確にします。
その上で、今後の経営改善に向けた計画を策定していきます。

  1. 1.現状分析

    現状分析でお客さまの強みと弱みを明確に

    • 過去3期比較

      経済産業省が作成した「ローカルベンチマーク」に基づいて、お客さまの過去3期の傾向を確認し、強みと弱みを明確にします。

      ※ローカルベンチマークとは?
      企業の経営状態の把握、いわゆる「健康診断」を行うツール(道具)で、事業性評価の「入口」としての活用が期待されるもの。
    • 同業・同規模他社比較

      BAST(TKC経営指標)を利用して、同業・同規模他社と自社との比較分析を行います。
      同業の黒字企業を目指すべきモデルとして、貴社の経営改善のポイントを抽出します。

      ※BAST(TKC経営指標)とは?
      TKC会員事務所(国内最大級の会計事務所ネットワーク)が保有する、企業の経営成績や財政状態等のデータを分析したもの。
  2. 2.将来予測と改善策の検討

    現状から見た将来の予測と、経営改善のための具体策の検討

    具体的な中期経営計画は、まず「現状から見た将来の予測」を行い、今後の可能性について予測を行います。
    そして、これを基に「経営改善・経営革新の対策」を検討します。

  3. 3.中期経営計画書の作成

    「5か年経営改善計画書」の作成

    策定した計画を達成するための具体的な行動計画をまとめ、「5か年経営改善計画書」を作成します。

    5か年経営改善計画書
  4. 4.単年度予算の作成

    経営判断のモノサシをつくる

    「中期経営計画」に基づき、「単年度予算」を作成します。予算の作成にあたっては、「 中期経営計画」で策定した目標損益を「単年度予算」に落とし込みます。

    ※単年度予算とは?
    中期経営計画で掲げた目標を達成するための、初年度の行動計画のことです。
  5. 5.業績の検討

    経営計画を確実に実行するために

    予算と実績の差異を分析し、行動計画の実施状況と効果を確認します。問題点が抽出されれば、業績改善のための具体策を検討し、さらなる打ち手を考えます。

早期経営改善計画

経営課題の早期発見と改善を

資金繰り管理や採算管理等の早期の経営改善をサポートします。“早期経営改善計画策定支援”は、専門家のアドバイスを受けて、会社の経営を見直すことを目的とした制度です。私たちは、経営改善計画の作成からフォローアップまでサポートいたします。

  1. 早期の経営改善の実現イメージ
    STEP1
    早期経営改善計画の作成
  2. 1年間のフォローアップイメージ
    STEP2
    1年間のフォローアップ
  3. 早期の経営改善の実現イメージ
    STEP3
    早期の経営改善の実現
早期経営改善計画のメリット
  • 自社の経営を見直し、経営課題の発見や分析ができる。
  • 資金繰りの把握が容易になる。
  • より簡単に経営計画を作成することができる。
  • 事業の将来像を金融機関に伝えることができる。

Webサイトをご覧いただいた方には初回無料相談受付中!

初回無料