Now Loading...

BLOGブログ

  • 一般法人
  • 2021.08.09

中級研修 第3回「消費税法」

中級研修 第3回「消費税法」 イメージ

今回は消費税法の第3回目です。

“消費税の届出書”“仕入税額控除”“仕入れに係る対価の返還等“についてです。

研修に参加した松見さんは、
「帳簿や請求書は取引を把握するために付けているものだと思っていましたが、消費税法によって、記載事項が定められていることを初めて知りました。帳簿内で使途が明記されていない仕入れについては、仕入額控除を適用することができなくなるため、より多くの消費税を納めなければならなくなる可能性があります。お金の流れを把握するためだけなく納税額にも関わってくるところなので、自分自身もシステムへの入力等をする際に、内容の分からないものは1つずつはっきりさせるべきだと改めて感じました。また、控除対象仕入税額を計算するときには、課税売上げか非課税売上げかで計算方法が変わるので、間違えないように覚えておきたいです。」

消費税法の中級研修も残すところあと1回となりました。内容も複雑になってきていますが、消費税の届出書仕入税額控除は、実務にも関わる重要なところです。暑さでバテそうになりますが、最後まで頑張っていきましょう!

CATEGORYカテゴリー

RANKING人気の記事

まだデータがありません。

ARCHIVEアーカイブ

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930