Now Loading...

BLOGブログ

  • 一般法人
  • 2018.01.26

給与計算

木曜日担当のYです。

 

平成30年1月以降より、配偶者控除及び配偶者特別控除の改正が適用されます。

 

今回の改正で、所得税にだけ影響があるかと思いきや、、家族手当等を配偶者の扶養区分(所得税法上の扶養)で判定し支給していた場合は、収入金額が1,120万円を超える社員(配偶者が源泉控除対象配偶者に該当しない場合)は、平成30年1月から配偶者分の家族手当等が支給されなくなります。

 

そのため、支給されなくなる社員へ連絡や、支給ができるように規程を見直すのも良いかもしれません。

 

また、社員が給与収入1,120万円以下で有り、配偶者の給与収入が150万円以下である場合、源泉控除対象配偶者に該当し、平成30年分扶養控除等(異動)申告書に記載が必要となります。

 

国税庁の“配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しに関するFAQ”で確認しましょう。

 

CATEGORYカテゴリー

RANKING人気の記事

まだデータがありません。

ARCHIVEアーカイブ

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930