Now Loading...

BLOGブログ

  • 農業経営
  • 2020.11.28

農業経営の法人化支援事業に派遣されました

農業経営の法人化支援事業に派遣されました イメージ

先日、農業経営の法人化支援事業に「専門アドバイザー」として派遣されました。
派遣先では、農業経営を法人化した場合の、税務・会計面でのメリットやデメリット、法人化までのスケジュール等について説明させていただきました。

法人化する場合には、会社法上の株式会社や合同会社、農業組合法上の農事組合法人などがあり、それぞれ事業目的や構成員等により、選択する法人形態も変わってきます。
農家の方や、現場に近い方に話をお伺いしますと、現状として法人化する場合には、株式会社を選択する方が多いようです。株式会社は、家族経営の形態をとれるため選択されるのも理由の一つですが、ネット販売等の販売ツールを用いて事業を拡大する上で、信用力向上の観点から選択する方も多いようです。
今年はコロナウイルスの影響で、外出を控える方が多い反面、自宅で少し贅沢をするという事で、比較的高級な農産物(特にフルーツなど)がよく売れているそうです。

和歌山ではみかんが有名ですが、その他にも桃や柿、キウイやいちごなど、特産物はたくさんあります。農家の方とお話をして、和歌山のおいしい特産物をもっとPRできたらと感じました。

CATEGORYカテゴリー

RANKING人気の記事

まだデータがありません。

ARCHIVEアーカイブ

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031